初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カルロス・チェカ 戦闘力を高めるために

カルロス・チェカ 戦闘力を高めるために

カルロス・チェカ 戦闘力を高めるために

期待以上に成績が上がらないカルロス・チェカ。ヤマハのNo.1ライダーに指名され、4ストロークマシンM1をトップ争いへと引き上げるために、冬季プレシーズンから懸命な開発作業に取り組んでいる。

4年目を迎えるヤマハで、タイトル候補として期待した臨んだ2003年シーズンだが、開幕戦日本GP10位、第2戦南アフリカGP9位。ランキングではトップのバレンティーノ・ロッシから33ポイント差と離され、10位と予想以上に苦戦している。

「9位は全く満足できない結果だ。だけど、レースと週末全体の評価からすると、全てが否定的ではなかった。」

「スタートは上手く行った。トップグループに追いつかなかったが、序盤からペース良く走れた。バロスが僕を交わしたとき、追いかけることができなかった。でも、あまり離されもしなかったけどね。阿部、宇川、ヘイデン、そしてバロスとコンペティティブなグループで熾烈なバトルをしたが、前のグループを捕まえることができなかった。宇川とヘイデンに交わされたが、抜き返すことができる自信があった。しかし、最終的には彼らが僕より先にゴールした。」

「週末、最もポジティブだったのは、問題を次々に解消して行ったチームの仕事だ。しかし、僕たちには開発のため、そして表彰台争いのオプションを獲得するために努力し続ける。」

Tags:
MotoGP, 2003, Carlos Checa

Other updates you may be interested in ›