初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ダンロップ、南アフリカGPで再び表彰台独占

ダンロップ、南アフリカGPで再び表彰台独占

ダンロップ、南アフリカGPで再び表彰台独占

ダンロップが、ウェルコムで表彰台覇権を奪回した。第2戦南アフリカGPで、ダンロップユーザーのマヌエル・ポジャーリ、ランディ・デ・ピュニエ、そしてフランコ・バッタイーニが表彰台を独占。そして、ポジャーリの2連勝により、ダンロップが250ccクラス108連勝を飾った。

チャンピオンシップで圧倒的な強さを示すダンロップだが、開幕戦日本GPではブリヂストンユーザーの青山博一と高橋裕紀の前に表彰台2つの座を失った。昨年もダンロップユーザーの酒井大作が表彰台に一角に割って入ったが、宮崎敦が見事に大役を果たし、連勝記録を更新した。

ダンロップの驚異的な連勝記録は、1996年開幕戦日本GPから始った。鈴鹿を制したマックス・ビアッジは同年と翌年に連続タイトルを獲得。以降、カピロッシ(1998年)、ロッシ(1999年)、ジャック(2000年)、加藤(2001年)、そしてメランドリ(2002年)とタイトル獲得を7年間に渡って支えてきた。南アフリカGPで108連勝を飾った名門タイヤメーカーは、5月25日の第4戦フランスGPで110連勝を目指す。

Tags:
250cc, 2003

Other updates you may be interested in ›