Tickets purchase
VideoPass purchase

フォルトゥナ・ヤマハ・チーム、好結果獲得を疑わず

フォルトゥナ・ヤマハ・チーム、好結果獲得を疑わず

フォルトゥナ・ヤマハ・チーム、好結果獲得を疑わず

フォルトゥナ・ヤマハ・チームは、冬季プレシーズンに9日間のテストをヘレス・サーキットで実施した。残念ながら悪天候に見舞われ、カルロス・チェカとマルコ・メランドリは僅か3日間しかYZR-M1のテストプログラムを消化できなかったが、チーム監督のダビデ・ブリビオは、両ライダー並び他のヤマハ勢も今週末は好成績が獲得できると疑わない。

「冬季にヘレスでテストを実施した時、天候は本当に不運でした。しかし、3・4日間はテストが消化でき、カルロスもマルコも好タイムをマークしました。」と話すブリビオ。

「カルロスはシーズンの好スタートを切れず、その実力を発揮していません。しかし、ウェルコムでは好転への兆しが見え、彼とバイクとのフィーリングが合うように私たちは懸命に作業に取り組んでいます。ヘレスでは、実力が発揮できることを願っています。常にライダーは母国のファンの前ではモチベーションが高まります。カルロスには、非常に多くのファンが向こうに待っています。」

「再びマルコと一緒に仕事ができることを私たちは喜びます。同時に、ノリックに感謝しています。ウェルコムでは素晴らしい走りをしてくれました。僅か1ヶ月での復帰ですから、マルコの体調は100%まで回復していませんが、レースに参戦するには十分な精神的強さを持っています。私は彼にとって長い間レースから離れるのは良くないと考えています。自分自身に厳しい要求をせずに、落ち着く必要があります。」

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›