初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヨーロッパラウンド 情熱のヘレスからスタート!

ヨーロッパラウンド 情熱のヘレスからスタート!

ヨーロッパラウンド 情熱のヘレスからスタート!

ヨーロッパラウンドの開幕を告げるグランプレミオ・マールボロ・デ・エスパーニャ(スペインGP)が今週末、スペイン南部アンダルシア地方のヘレスで開催する。15年連続開催となる今GPも10万人を超える情熱的なファンがスペイン全土から駆けつけ、地元スパニュッシュライダーたちを強力にサポートする。特に2週間の南アフリカGPで、チームメイト加藤大治郎に捧げる感動的な勝利を飾ったセテ・ジベルナウは、現在ランキング2位と絶好調。ファンの大きな期待が高まる。

王者バレンティーノ・ロッシは、ヘレスでは圧倒的な強さを誇っている。97年の125ccクラス、99年の250ccクラス時代にそれぞれ優勝を飾れば、01年の500ccクラスと昨年のMotoGPクラスでは連続ポール・トゥ・ウィンと最速ラップを獲得。さらに、ここ4年間は、ヘレスを制したライダーがタイトルを獲得するジンクスが続いており、3年連続タイトルを狙うロッシも、得意のコースを制し、チャンピオンシップに弾みをつけたいところだ。

まるで毎GPのようにマックス・ビアッジは、ライバルの優勝を阻止しようと試みだろう。そして、ここ3年間のリベンジを晴らしたいところだ。00年はウォーミングアップ中の転倒により、決勝レースを棄権。01年はコースアウトを喫し、不本意の11位。そして、昨年はスッップ&ゴーを無視し、黒旗が振られた。しかし、今年のビアッジは順調なスタートが切れ、南アフリカGPで史上最高獲得ポイントライダーとなり、気持ちを切り替えて、ヘレスに臨めそうだ。

MotoGPの嬉しいニュースと言えば、開幕戦日本GPのフリー走行中に大クラッシュを喫し、足首や大腿部を骨折したいた250cc王者マルコ・メランドリの復帰であろう。約1ヶ月間に渡る懸命なリハビリを経て、遂に最大排気量クラスのデビューを果たす。

世界最高峰の舞台に復帰すると同時に著しい成績を上げるドゥカティ。ロリス・カピロッシとトロイ・ベイリスの両雄は、冬季プレシーズンにテストを重ねたヘレスでヨーロッパデビューを迎えるのは、好材料だ。一方、カワサキはギャリー・マッコイとアンドリュー・ピットに加え、テストライダーのアレックス・ホフマンがワイルドカードとして今シーズン初登場する。

Tags:
MotoGP, 2003, Gran Premio Marlboro de España

Other updates you may be interested in ›