初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ジベルナウ、地元ヘレスでトップ!

ジベルナウ、地元ヘレスでトップ!

ジベルナウ、地元ヘレスでトップ!

セテ・ジベルナウが、今日からスタートしたグランプレミオ・マールボロ・デ・エスパーニャ(スペインGP)の初日に、南アフリカGPの勢いをそのまま持ち込み、エクセレントな快走を披露した。地元スパニュシュライダーは、セッション終了間際のホンダ勢のアタックでリーダーとなり、暫定ポールポジションを獲得。2連勝に向けて、好発進した。セッション最初にトップに立ったのは、王者バレンティーノ・ロッシ。その後、ドゥカティの両雄トロイ・ベイリスとロリス・カピロッシが1・2位を独占し、復帰3戦目で暫定ポールポジション獲得かと思われた。しかし、ジベルナウ、宇川徹、そしてロッシのラストアタックにより、カピロッシが3位にベイリスが5位に後退した。宇川は今季最高の暫定2位と、幸先の良いスタートを切れば、ロッシは3年連続優勝に向けて、暫定フロントロー4位につけた。

元王者のケニー・ロバーツが午前中のフリー走行から、復帰の狼煙を上げる走りを見せ、予選初日は6位に食い込んできた。同僚のジョン・ホプキンスも8位と、スズキ勢が今季初めてセカンドローに並ぶ躍進を見せた。もう1人の地元ライダー、カルロス・チェカがヤマハ勢トップの7位に入れば、今グランプリも2ストロークマシンで戦う青木宣篤が、9位と大健闘した。

日本勢では中野真矢が10位に入れば、ヘレス初挑戦の玉田誠が11位に、芳賀紀行が14位で予選初日を終えた。

Tags:
MotoGP, 2003, Gran Premio Marlboro de España

Other updates you may be interested in ›