初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ニエト、ホームで暫定ポールポジション獲得

ニエト、ホームで暫定ポールポジション獲得

ニエト、ホームで暫定ポールポジション獲得

パブロ・ニエトが、ホームグランプリで輝いた。伝説の世界王者アンヘル・ニエトの息子・ニエトは、昨年はここヘレスで自己初のポールポジションを獲得した。しかし、決勝レースではスタート直後のクラッシュにより、無念のリタイヤ。今日は有無を言わさぬ走りを見せ、宇井陽一が樹立したポールタイムを約0.3秒更新する1分47秒711を記録した。

2位にはアレックス・デ・アンジェリスが、3位には昨年の覇者ルーチョ・チェッキネロが入り、ヘレス初優勝を狙う南アフリカGP勝者のダニ・ペドロサが4位と続き、暫定フロントローを形成する。

前戦の南アフリカGPで好調な走りを披露した宇井が、終盤までトップに立つなど再びその実力を見せた。最終的には暫定5位ながら、明日の予選2日目、そして決勝レースへと期待が高まる。開幕戦日本GP優勝のステファーノ・ペルジーニと南アフリカで初の表彰台2位を獲得したアンドレア・ドビツィオーゾが続き、99年と01年の覇者、東雅雄が9位に進出してきた。

現王者アルノー・ヴァンサンが11位と、世界舞台に初挑戦しているKTMが著しい開発を示した。

Tags:
125cc, 2003, Gran Premio Marlboro de España

Other updates you may be interested in ›