初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

チェッキネロ、今シーズン初V

チェッキネロ、今シーズン初V

チェッキネロ、今シーズン初V

ルーチョ・チェッキネロが、2年連続してヨーロッパラウンド開幕戦であるヘレスを制覇した。

9ラップ目、トップに立っていたポールポジションのパブロ・ニエトはギアレバーが破損するアクシデントに見舞われ、無念のリタイヤを余儀なくされる。代わってトップに踊り出たのは、チェッキネロ。グリップ2位からスタートした125ccクラス最多136戦目のベテランライダーは、アレックス・デ・アンジェリス、ダニ・ペドロサ、そしてステファーノ・ペルジーニからなるトップグループを終始コントロールする。そして、最速ラップを連発したスティーブ・イェンクナーが17ラップにトップグループに合流した。

唯一2戦連続表彰台を獲得している絶好調のイェンクナーは、チェッキネロに続き自己最高の2位でフィニッシュ。デ・アンジェリスが今シーズン初の表彰台3位を獲得すれば、スタートでトップに飛び出したペドロサは、2年連続4位に終わった。日本GP覇者のペルジーニが5位に入り、ケーシー・ストーナー、エクトル・バルベラ、そして宇井陽一が続き、東雅雄は11位だった。

第3戦を終え、イェンクナーがランキングトップに立つ。今シーズン初優勝したチェッキネロは、ペドロサと同ポイントの2位でドイツ人ライダーを追えば、宇井は6位、東は14位につける。

Tags:
125cc, 2003, Gran Premio Marlboro de España

Other updates you may be interested in ›