Tickets purchase
VideoPass purchase

ポルト、負傷を追いながらも6位完走

ポルト、負傷を追いながらも6位完走

ポルト、負傷を追いながらも6位完走

セバスチャン・ポルトは、再度チャンピオンシップへの重要なポイントを獲得した。予選ではマシンのセットアップに苦労した上に、クラッシュを喫した。その結果、首にタイヤが衝突し、大火傷を負い、左手首には強い打撲を受けた。

アルゼンチン人アイダーは表彰台争いを演じる状態ではなかったが、気持ちを切り替えてレースに挑んだ。「大変な週末となってしまった。レースよりも困難だった。だけど、このようなことは起こりえること。」と説明するポルト。「重要なのは前進すること。なぜ、このようなことになったのか、分析すること。ミスを解明することだ。」

「いろんなことが起こったが、レース結果には満足している。体調は思わしくない。首と手首が痛くて、バイクに乗っていて、とても辛かった。日曜のレースは、まるで金曜の午前中、つまりフリー走行のように全くセットアップできていないマシンだった。でも、とにかく、分析をして、ル・マンには前の2戦のように100%で挑みたい。」

Tags:
250cc, 2003

Other updates you may be interested in ›