初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヴァンサン:「地元ファンの前で、ナンバー1に相応しい走りを披露したい」

ヴァンサン:「地元ファンの前で、ナンバー1に相応しい走りを披露したい」

ヴァンサン:「地元ファンの前で、ナンバー1に相応しい走りを披露したい」

現王者アルノー・ヴァンサンのターゲントは明白である。地元ファンの前で表彰台を獲得すること。しかし、今シーズンから新規参戦しているKTMは、ここまでの3戦中、僅か1戦しか際立った活躍を見せていない。王者として凱旋するグランプリを前に、ヴァンサンは心境を語った。

「厳しい状況だ。KTMはマシンの性能アップのために時間と戦っている。僕にできることは、コースで全力を尽くすこと。それを僕は実行している。いらいらさせる状況だけど、もう少しパワーアップすれば、トップグループと戦えることができるはずさ。」

「ナンバー1を守る可能性がないことを分かっていて、ホームサーキットでのグランプリを迎えることは、本当に辛いことだ。ゼッケンナンバー1をつけるのに価する走りを、ファンの前で披露したい。しかし、その可能性がないことは残念だ。だけど、KTMのプロジェクトは達成するまでハードワークが続く。ファンに好結果を報告できるのは、それほど遠い将来のことではないはずさ。」

Tags:
125cc, 2003, Grand Prix Polini de France

Other updates you may be interested in ›