初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ジベルナウ、スペイン勢完全制覇に完結

ジベルナウ、スペイン勢完全制覇に完結

ジベルナウ、スペイン勢完全制覇に完結

セテ・ジベルナウが、雨のためにリスタートとなったレースでファイナルラップに逆転する今シーズン2度目のセンセーショナルな優勝を飾り、14年ぶりにスパニッシュライダーが3クラス完全制覇を果たした。

125ccクラスと250ccクラス同様にドライコンディションでレースはスタート。バレンティーノ・ロッシはスタートこそ出遅れたが、序盤にトップを奪回するとペースアップ。アレックス・バロス、宇川徹、マックス・ビアッジ、ジベルナウがグループを形成し、追走する展開となった。ドゥカティの両雄、トロイ・ベイリスとロリス・カピロッシ、そしてカルロス・チェカが次々に戦列を離れ、6ラップにはプロトンKR2ストロークで参戦した青木宣篤もリタイヤした。

しかし、中盤に差し掛かかった辺りで激しい雨に見舞われ、レースは中断を余儀なくされる。レギュレーション変更に従い、レースの行方は残り13ラップによって争われることになった。リスタート後、バロス、ロッシ、ジベルナウの三つ巴の決戦となる。デリケードなコンディションの中、バロスが徐々に遅れ始め、ファイナルラップにはホンダ勢の熾烈な対決となったが、ジベルナウがトップでチェッカフラッグを受けた。

リスタートをピットレインからスタートさせたオリビエ・ジャックだったが、地元ファンに捧げるMotoGPクラスベストの4位でフィニッシュ。ビアッジは5位、マクウィリアムスが6位、宇川が7位でゴールすれば、リスタート前には上位に浮上していた芳賀紀行とノリックは、リスタート後はポジションを落とし、それぞれ8位と11位に終わった。困難なデビュー戦となった清成龍一は、13位とポイントを獲得し、中野真矢は14位。玉田誠は、リタスタート後直後に転倒リタイヤした。

総合ランキングでは90ポイントのロッシが、23ポイントで2位ビアッジを引き離す。ジベルナウは63ポイントで3位に、日本人トップの宇川は32ポイントで6位につければ、中野が9位、ノリックが11位、芳賀が12位、玉田が17位、青木が18位と続く。

Tags:
MotoGP, 2003, Grand Prix Polini de France

Other updates you may be interested in ›