初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

メランドリ、ホームグランプリへの期待をモトクロス会場で語る

メランドリ、ホームグランプリへの期待をモトクロス会場で語る

メランドリ、ホームグランプリへの期待をモトクロス会場で語る

モトクロスのイタリアGPが先週末、フィレンツェ南のモンテバルキで開催され、マルコ・メランドリが友人の元125cc王者ジェミー・ダブの応援に駆けつけた。週末のホームグランプリを控え、意気込みを語った。

「僕にとって、今年で一番難しいレースになると思う。イタリアンライダー皆が、ファンの前でいいレースをしたいと強く望んでいるからね。僕のコンディションは日に日に良くなっている。いいポジションでフィニッシュしたい。ムジェロではトライするよ。僕の夢はM1で表彰台を獲得することなんだ。だけど、現実には困難だろうね。今年は優れたライダーが多いし、優勝争いが毎レース厳しくなって来ている。」

「125ccクラスに参戦していた98年のムジェロで、初めて表彰台を獲得したんだ。初のムジェロで2位だったから嬉しかったよ。昨年は250ccクラスで優勝を果たした。サーキットは、低速と高速のコーナーにシケインがあり、非常に速いストレートもある。大変難しいコースだ。だけど、このコースが大好きなんだ。僕たちは数週間前にプライベート・テストを実施した。僕は病み上がりだったから、遅かったけど、2日間のセッションで多少は日曜のレースに向けて有利に働くと思っている。」

日曜の決勝レース観戦後、メランドリは感想を語った。「僕はイギリスに住んでいて、ジェミーと彼の家族とは親しくなったんだ。土曜の夜は、彼のトレーラーで過ごした。モトクロスが大好きだけど、身体能力が要求されるスポーツだ。けがから治ったばかりだから、トレーニングできないけど、完治したらまたオフロードマシンを乗りたいと考えているんだ。」

Tags:
MotoGP, 2003, Marco Melandri

Other updates you may be interested in ›