初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ド・ピュニエがサーキットベストラップでPP獲得

ド・ピュニエがサーキットベストラップでPP獲得

ド・ピュニエがサーキットベストラップでPP獲得

ランディ・ド・ピュニエが、チャンピオンシップリーダーのマヌエル・ポジャーリとのタイムバトルを制して今シーズン3度目(ウェルコム、ヘレス)のポールポジションを獲得した。両雄の対決はセッション開始早々からスタート。厳しいホットコンディションの中で好タイムを連発したが、最後にド・ピュニエがサーキットベストラップ1分53秒586をマークした。

フォンシ・ニエトはラップタイムが伸びず、ポジションを一つ落として今シーズン最高の3番グリッドを確保。フランコ・バッタイーニとトニ・エリアスが続き、アプリリアがトップ5を独占した。

ホンダ勢のロベルト・ロルフォとセバスチャン・ポルトがそれぞれ6番グリッドと7番グリッドでセカンドローに並べば、松戸直樹は9番グリッドから明日の決勝を迎える。

Tags:
250cc, 2003, Gran Premio Cinzano d'Italia

Other updates you may be interested in ›