初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

灼熱の暑さに苦しんだMotoGPライダーたち

灼熱の暑さに苦しんだMotoGPライダーたち

灼熱の暑さに苦しんだMotoGPライダーたち

スペインの灼熱な日差しが照りつけ、気温33度、路面温度47度に上昇する中で展開された予選2日目。バレンティーノ・ロッシが初日にマークしたサーキットベストラップでポールポジションを奪取した。

暫定トップ3のバレンティーノ・ロッシ、ロリス・カピロッス、そしてセテ・ジベルナウが厳しい暑さの影響で揃って初日の自己タイムを更新できなかった。その中にあって、セッション終盤にラップタイムを1秒以上短縮したオリビエ・ジャックがジベルナウを上回り、3番グリッドを獲得。大きくポジションアップに成功した。

午前中のフリー走行でトップに立った中野真矢は、午後の公式予選は3位。2位だったアレックス・バロスに続き6番グリッドを確保した。コーリン・エドワーズとカルロス・チェカが7番・8番グリッドでセカンドローに並んだ。暫定5位の玉田誠は、初日のタイムを更新できず10番グリッドに後退し、11番グリッドの宇川徹と共にサードローからスタートする。

芳賀紀行は15番グリッド。今シーズン2度目のワイルドカードとして参戦している柳川明はカワサキ勢トップの16番グリッドで、デビュー3戦目となる清成龍一とプロトンKR4ストロークマシンで2戦目の青木宣篤はそれぞれ20番・21番グリッドから明日の決勝を迎えることとなった。

Tags:
MotoGP, 2003, Gran Premi Marlboro de Catalunya

Other updates you may be interested in ›