初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ、ホームに捧げる今シーズン3勝目

ペドロサ、ホームに捧げる今シーズン3勝目

ペドロサ、ホームに捧げる今シーズン3勝目

地元カタルーニャ出身のダニ・ペドロサが今シーズン3度目の優勝を飾り、サーキットを訪れた観衆だけでなく、スペイン国内は熱狂に包まれた。

フィニッシュラインまで持ち込まれた僅少差の戦い。ペドロサは、スペイン選手権にもダブルエントリーしているスイス人ライダーのトーマス・ルティとアレックス・デ・アンジェリスとの熾烈なヤングライダー同士の優勝バトルを制した。同時に軽量級におけるスペイン人ライダーの通算100戦目をもたらした。

連勝を狙ったルーチョ・チェッキネロは中盤、トップに立つが12ラップ目にマシントラブルが見舞われ、ピットイン。リタイヤを余儀なくされた。チームメイトのケーシー・ストーナーもトップ争い中の10ラップ目に、好スタートで飛び出した宇井陽一は11ラップ目にそれぞれクラッシュを喫し、リタイヤした。16ラップ目にエクトル・バルベラとアンドレア・ドビツィオーソが接触。ラスト3ラップにはポールポジションのパブロ・ニエトが転倒し、優勝バトルから脱落した。

125ccクラスに復帰した2000年王者ロベルト・ロカテリは、23番スタートから今シーズンベストの10位でフィニッシュ。チームメイトの2002年王者アルノー・ヴァンサンも14位でゴールし、初めてKTM2台が同時にポイントをマークした。また、通算100戦目を迎えた東雅雄は22位だった。

前戦イタリアGPを終え、ペドロサは同点91ポイントに並んでいたチェッキネロに25ポイント差、3位のイェンクナーには43ポイント差と大きく引き離した。

Tags:
125cc, 2003, Gran Premi Marlboro de Catalunya

Other updates you may be interested in ›