初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミック・ドゥーハン ドゥカティ初勝利を賞賛

ミック・ドゥーハン ドゥカティ初勝利を賞賛

ミック・ドゥーハン ドゥカティ初勝利を賞賛

カタルーニャGPを終了し、直接アメリカ・カリフォルニアに到着したばかりだ。日曜に僕たちが観たレースはグレートなレベルだった。それにバレンティーノ・ロッシが通常ではないミスを犯した後に、ロリス・カピロッシが素晴らしい勝利を飾った。もしかしたら、バレンティーノはロリスを先に行かせたのかもしれない。そのまま先行できるか試したのかもしれない。このような状況の時に、ライバルを先に行かせ、様子を見ながらエネルギーを保存するのは最善策となる場合もある。

ロリスが1ラップ間ずっとバレンティーノの前で走ったのは初めてだった。率直に言って、バレンティーノはロリスがもう少し速いと期待していたのではないだろうか。問題はその次のラップに起こった。バレンティーノは急ぎ過ぎ、そしてコースアウトした。おそらく、ロリスはその瞬間、慎重に走っていたのだろう。いずれにせよ、バレンティーノは大きなタイムロスを喫した。しかし、その後には上位のライダーからは1ラップ1秒弱でラップを刻み、再び勝利を可能にするポジションまで巻き返した。

しかし、ロリスは素晴らしい走りを披露した。ミスを犯さず、優勝できると率直に考えた。勝利はこのスポーツで起こりえる最高のこと。全ての人がドゥカティの初勝利を期待していた。経験から分かっているが、勝てるライダーと勝てるマシンがあれば、たくさんのことができる。ドゥカティは僅か6戦目で優勝した。これは、このチャンピオンシップに参加している他のメーカーに対して、インスピレーションとならなければならない。

チャンピオンシップに関して、いつもと同じ歴史が繰り返された。バレンティーノのライバルは、イレギュラーだ。バレンティーノはますますアドバンテェージを得た。最大のライバルとなるマックス・ビアッジは、クラッシュに終わった。一方でバレンティーノは2位でフィニッシュし、一握りのポイントをゲットした。6戦が終わり、2戦のポイント差と広がった。非常に大きなアドバンテェージだ。

Tags:
MotoGP, 2003, Gran Premi Marlboro de Catalunya, Mick Doohan

Other updates you may be interested in ›