初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

セバスチャン・ポルト、カタルーニャGPを振り返る

セバスチャン・ポルト、カタルーニャGPを振り返る

セバスチャン・ポルト、カタルーニャGPを振り返る

「カタルーニャGPの成績は悪くなかったけど、満足できるものでもなかった。もう少し前でフィニッシュするためにウィークエンド中はずっと仕事に取り組んだからね。僕もチームも全力を尽くした。唯一の問題は、戦闘的なマシンを持っていないこと。それがレースに明らかになった。予選では最速ラップをマークすることができるが、レースでは後退し、困難な状況となってしまう。特にレース中盤以降だ。今回のカタルーニャ・サーキットのように高速コースで、非常な暑さも加わったから、さらに厳しかった。

非常に難しいマシン。僕たちの問題ではない。前進するためにホンダが、もう少しパーツを供給するのは待たなければならない。ロルフォには届いているのは知っている。僕にはまだだ。待つしかない。アッセンの時に届くのか、その次なのか...現状はいまの状況でやっていくしかない。少しでもシャシーを改善するために作業に取り組み、ホンダがパワー不足の問題を解消を手伝ってくれることを期待する。僕たちは、少しでも前の方で走れるように、各レースに全力を尽くして行く。

日曜のレース、スタートはまずまずだった。ファーストラップ中にトップに立ったけど、アプリリア勢に直線で抜かれた。少し食らいついたけど、彼らは速かった。終盤はバタイーニと6位争いをしたけど、7位でフィニッシュ。喜び半分ってところ。ロルフォの前で、ホンダで一番だったことは重要だけど、仕事を継続し、戦闘力を高めなければ。将来的には全てが順調に行くだろう。

Tags:
250cc, 2003

Other updates you may be interested in ›