初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

加賀山就臣がケニー・ロバーツの代役に抜擢

加賀山就臣がケニー・ロバーツの代役に抜擢

加賀山就臣がケニー・ロバーツの代役に抜擢

ムジェロで負傷したケニー・ロバーツはアメリカで診断を受けた結果、カタルーニャーGPに引き続き、来週末のダッチTTも欠場することとなり、代役に加賀山就臣が指名された。

転倒により、胸部に激痛を感じるロバーツは、カリフォルニアの病院にて、有名な外科医アーサー・チン医師の診断を受け、胸部及び上腹部の組織に障害があることが確認された。回復には約6週間が必要であり、ロバーツはイギリスGP(決勝6月13日)への復帰を目指す。

ススキ・グランプリ・チームはダッチTTに、元王者の代役としてイギリス・スーパーバイク選手権にフルエントリーしている加賀山就臣を起用することを決定した。1993年からスズキのオフィシャルライダーとして活躍する加賀山は、スポット参戦によるチャンピオンシップの経験があり、昨年までは全日本選手権に参戦しながら、GSV-Rの開発を務めていた。また、今回同様にロバーツの負傷手術のために欠場した昨年のドイツGPに代役として参戦した経験がある。

「以前にもユキオと一緒に仕事をしたことがあり、彼が最大限のことだけを目指すのではなく、前向きなアクションを起こしてくれることを私たちは知っています。」とチームマネージャーのギャリー・テイラーは話す。「私たちも彼のイギリスでの好アクションに賞賛しています。もちろん、マシン開発の時期にケニーを失うたくはないです。一方で、ジョン・ホプキンスはムジェロでの負傷から回復したようです。カタルーニャGPを完走しただけでなく、その後もテストにも参加しました。アッセンでは、彼はいつものように100%を尽くしてくれるでしょう。そしてユキオはエンジニアたちに貴重な情報をもたらせてくるでしょう。」

Tags:
MotoGP, 2003, Kurtis Roberts

Other updates you may be interested in ›