初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カピロッシ 2度目のポールポジション奪取

カピロッシ 2度目のポールポジション奪取

カピロッシ 2度目のポールポジション奪取

ロリス・カピロッシが、デスモセディチと共にドゥカティのサクセスストーリーにまた1つ栄光を書き留めた。予選初日に引き続き、2日目もイタリアンライダー3人を中心に展開されたセッションは、2分台を突破。カピロッシがヘレス以来、今シーズン2度目ポールポジション獲得し、マックス・ビアッジとバレンティーノ・ロッシが2番、3番グリッドと続いた。

15人のライダーが2002年にロッシが樹立したポールレコードを上回るラップタイムで、タイムアタックを展開した。カルロス・チェカが日本GP以来の4番グリッドでフロントローを獲得すれば、オリビエ・ジャックとアレックス・バロスが5番、6番グリッド。マルコ・メランドリが8番グリッドでセカンドローに進出。日本人ライダートップの中野真矢が10番グリッドで、今シーズン初めてヤマハ勢全5台がトップ10入りを果たす躍進を見せた。

セテ・ジベルナウが7番グリッドに、コーリン・エドワーズが9番グリッドに入れば、ホンダのオフィシャルライダー2人、宇川徹とニッキー・ヘイデンがそれぞれ11番と12番グリッドでサードローに並ぶ。

芳賀紀行は14番グリッド。元王者ケニー・ロバーツの代役を務める加賀山就臣は同僚ジョン・ホプキンスを上回り15番グリッド。初コースに挑んでいる玉田誠と清成龍一は、それぞれ18番と22番グリッドだった。青木宣篤は僅か8ラップしか周回できず、23番グリッドで明日の決勝を迎える。

Tags:
MotoGP, 2003, Gauloises Dutch TT

Other updates you may be interested in ›