初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ニエト、快走の暫定ポールポジション

ニエト、快走の暫定ポールポジション

ニエト、快走の暫定ポールポジション

フォンシ・ニエトが2年連続ポールポジション獲得に向けて、好発進した。スパニュッシュライダーは、ライバルのマヌエル・ポジャーリに約0.5秒と大きく引き離し、暫定ポールポジションを確保。2週間前のアッセンではマシントラブリによりリタイヤを余儀なくされたが、セッション初日から積極的に攻めの走りを見せた。

アッセンで左くるぶし外側のひ骨骨折と右腕外傷、右肩脱臼のけがを負っていたランディ・ド・ピュニエは、体調がまだ100%回復していないが、負傷を感じさせない快走を見せて3番手に入った。唯一全戦でポイントを連取しているロベルト・ロルフォが4番手に進出。アプリリア勢が独占するフロントローにホンダが割って入った。

5番手にトニ・エリアスが入れば、松戸直樹がアッセンで2・3位を獲得したフランコ・バッタイーニとシルヴァン・ギュントーリを抑えて、6番手に入った。初優勝を果たしたアンソニー・ウエストは9番手。ワイルドカードライダーとして参戦しているベテラン英国人ジェイ・ヴィンセントが12番手に入る活躍で、地元ファンを沸かせた。

Tags:
250cc, 2003, Cinzano British Grand Prix

Other updates you may be interested in ›