初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

予選2日目 MotoGPクラスフロントローライダーのコメント

予選2日目 MotoGPクラスフロントローライダーのコメント

予選2日目 MotoGPクラスフロントローライダーのコメント

PPマックス・ビアッジ:
「昨日はセッティングのテストに専念。ラスト7~8分まではトップ3に位置していた。これは臣ぼペースがいいことを示している。レース用のセッティングはパーフェクトではないが、多くのことが改善でき、終始安定して31秒台で走れた。もっと速く走れることができたが、最終ラップにミスを犯した。明日はこのまま暑くなって欲しい。そうなれば、もしかしたら優勝するチャンスとなろう。自信がある。」

2位セテ・ジベルナウ:
「ドライレースのための調整において、オフィシャルマシンにいくつか問題があった。リアタイヤの振動に問題があり、それがフロント部分に影響を及ぼしている。ウェットでは全てがうまく行くが、ドライレースでの問題を改善する必要がある。重要なのはフロントローに位置すること。ポールを狙ったけど、マックスは少し速かった。タイムは重要だ。ホンダのライダーの1人というだけでなくてね。非常に接近した難しいレースとなるだろう。」

3位マルコ・メランドリ:
「ファンタスティックだ!自分のラップタイムに驚いたよ。3番グリッドとフロントロー獲得にハッピーだ。チームは好マシンを準備した。エクセレントなフィーリングがあり、まだ良くしなければならないが、ここ(共同記者会見場)に来れて嬉しい。ペースも悪くないけど、明日はどういう展開となるか様子をみないとね。」

4位バレンティーノ・ロッシ:
「セッションのラスト5分にフロントタイヤに問題があることに気がつき、ボックに戻らなければならなかった。5、6人のライダーはいいペースで走っている。明日は好バトルとなるだろう。」

Tags:
MotoGP, 2003, Cinzano British Grand Prix

Other updates you may be interested in ›