初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

期待以上にアピールできなかったスーパーバイク王者の週末

期待以上にアピールできなかったスーパーバイク王者の週末

期待以上にアピールできなかったスーパーバイク王者の週末

スーパーバイク世界選手権王者のコーリン・エドワーズとトロイ・ベイリスは先週末、スーパーバイク選手権も併催されているドニントンパークに帰ってきた。ブリティッシュファンの大サポーターを受ける両雄は、走り慣れたコースで、今シーズンベストの成績を虎視眈々と狙っていた。しかし、予選セッションでは好アクションを見せたが、ルーキー2人にとっては期待の成績が残せずに終わった。

「スタートの際、ギアにちょっとした問題があった。その後直ぐ、他のライダーが僕にぶつかった。そして、僕は宇川と接触してしまった。」と説明するエドワーズ。「ポジション奪回を開始して、簡単にホプキンスとヘイデン、そしてジャックを交わした。ジャックを抜いたときに白線に右膝が接触して、パットを失ってしまった。左コーナーの時は普通にライディングできたけど、右コーナーの時には路面に接触しないように、ライディングスタイルを替える必要があった。ドニントンは右コーナーが3つだけだったから、大きくタイムを失ったよ!」

ベイリスもレース序盤は苦戦し、終盤までに5位の座を確保するためにバトルを強いられた。「いいスタートが切れたが、後方から多くのライダーに追いつかれた。リズムを掴むのにとても苦労した。何人かのライダーの転倒があり、レースが安定するまで少し混乱した状態だった。もし序盤の8ラップ間でグループ内の混戦にはまらなかったら、ロリスと4位争いをしていたかもしれない。最後にはいいリズムで、いいラップタイムを刻んでいた。しかし、上位に進出するには十分ではなかった。まだまだ不足していることがあるし、仕事を継続しなければならない。」

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›