初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ジャン・ウィットビン、グランプリ通算150勝目を語る

ジャン・ウィットビン、グランプリ通算150勝目を語る

ジャン・ウィットビン、グランプリ通算150勝目を語る

シーズン第7戦オランダGP125ccクラスでスティーブ・イェンクナーが初優勝を飾り、アプリリアはグランプリ通算150勝目を達成した。その後、250ccクラスでアンソニー・ウエストが初優勝で続き、シリ-ズ第8戦イギリスGPでは125ccクラスでエクトル・バルベラが、250ccクラスでフォンシ・ニエトがそれぞれ優勝を果たした。今週末のシリーズ第9戦ドイツGPで、アプリリアはスズキの通算154勝目に並び、上回る機会を迎える。

レース部門総責任者ジャン・ウィットビンは初勝利の2年前にあたる1985年にチーフエンジニアとしてアプリリア入りすると、その当時から、次々にアプリリア旋風を巻き起こした中心的な役割を果たしてきた。ウィットビンは、これまでに16人のチャンピオンを率い、昨シーズンからは破竹の12連勝で250ccクラスを圧倒的支配下に置いている。

オランダ人エンジニアが、1987年サンマリノGP250ccクラス初制覇から始まったアプリリアの歴史と将来の目標について語った独占ビデオを準備しました。閲覧を希望する方は、写真下をクイックしてください。

Tags:
250cc, 2003

Other updates you may be interested in ›