初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

予選2日目 MotoGPフロントローライダーのコメント

予選2日目 MotoGPフロントローライダーのコメント

予選2日目 MotoGPフロントローライダーのコメント

PPマックス・ビアッジ:
「セッション終了5、6分前にマクウィリアムスのラップタイムを見た時、更新するのは不可能だと考えたが、ミシュランのスタッフがニュータイヤを準備してくれた。パーフェクトに機能し、今シーズン2度目のポールを与えてくれた。この2日間、僕たちはセットアップのいい仕事をこなしたと思う。レースへの自信を与えてくれるが、雨が降らず、気象コンディションが変わらないことを願う。このサーキットの特徴はスタートが非常に重要だ。だから、チームの仕事が素晴らしかったことを強調したい。」

2位ジェレミー・マクウィリアムズ:
「本当に楽しかった。走るたびに上位に浮上し、ケニー・ロバーツはまるでバカンス中のように観戦していたよ。ある人は2ストローク使用は後退だと思っているようだけど、僕たちは全力を尽くしている。明日は上位ライダーたちとバトルしたい。少しでもいいから。3気筒2ストロークマシンで勝つことが出来るか分からないけど、スタート時にはトップグループと一緒に走ることが出来るだろう。全てが起こりえる。MotoGPは驚きでいっぱいなんだ。」

3位ロリス・カピロッシ:
「とても嬉しいよ。ここでフロントローにいることは非常に重要だ。同様にコースの全セクションで僕たちのバイクが速いことを証明できたことは大切なことだ。来年に向けていい感触を得ている。今年とは異なるターゲットがある。僕たちはチャンピオンシップを獲得したいんだ。昨夜は幾つかのことを変更し、全てがパーフェクトに進み、コントロールしている。明日に向けて信頼感と満足感を得るために、セッションの大部分をレース用タイヤを装着して走行した。」

4位バレンティーノ・ロッシ:
「たくさんの仕事をしたけど、まだ100%ではない。明日に向けて幾つか問題を解消しなければならない。最速ラップのためにソフトタイヤを装着が、柔らかすぎた。バイクのバランスを失い、ラップタイムを更新できなかった。明日のウォームアップで適したリアタイヤを探す。ドライでレースがしたい。」

Tags:
MotoGP, 2003, Cinzano Motorrad Grand Prix Deutschland

Other updates you may be interested in ›