初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

さらに熾烈な展開となる軽量級バトル

さらに熾烈な展開となる軽量級バトル

さらに熾烈な展開となる軽量級バトル

手に汗握るバトルを常に提供してくれる125ccクラス。前半戦は5人のライダーが優勝を飾ったが、まだ誰も連勝を果たしたライダーが現れていない。その中にあって、3勝のダニ・ペドロサは安定したパフォーマンスでランキングトップをキープしている。

ステファーノ・ペルジーニとルーチョ・チェッキネロのベテラン勢は、それぞれ2勝を挙げている。しかし、ザクセンリンクで優勝したペルジーニとは対照的に、チェッキネロはここ4戦で僅か14ポイントと低迷している。しかし、チームメイトのケーシー・ストーナーは軽量級への順応を見せ始め、グランプリ初表彰台を獲得。後半戦の台風の目玉になる存在として今後の注目を集めそうだ。

ストーナー同様にヤングライダーの台頭が著しい今シーズン、アンドレア・ドビツィオーゾやアレックス・デ・アンジェリスの成長は決して見逃せない。そして、初優勝を飾ったスティーブ・イェンクナーやエクトル・バルベラも2勝目を虎視眈々と狙っている。

フィンランド人ライダーのミカ・カリオがKTMからデビューする。しかし、解雇された王者アルノー・ヴァンサンの今後の参戦については、依然は未発表である。

Tags:
125cc, 2003, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›