初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロドリゲスとシモンがジレラをテスト

ロドリゲスとシモンがジレラをテスト

ロドリゲスとシモンがジレラをテスト

ポジャーリを擁し、2001年にタイトルを獲得。2002年はランキング2位に輝いたイタリアのコンストラクター、ジレラだがシリーズ第10戦チェコGPを終了した2003年は失望のシーズンを過ごしている。

ポジャーリが250ccクラスにスイッチした今シーズンはイタリアのヤングライダー、ステファーノ・ビアンコを起用して新プロジェクトをスタートさせた。そして今、2004年シーズンへのタイトル奪回を目指しての準備が始まった。

スパニッシュライダーのアンヘル・ロドリゲスとフィリアン・シモンの2人は21日から2日間、スペインのアルメリアでジレラのテストに参加した。シモンは所属するマラグーティの許可を得て、今回のテストに参加。ロドリゲスは昨シーズン途中にホルヘ・マルティネス・アスパル率いるチームから解雇され、今シーズンは再びスペイン選手権に参戦している。

ジレラのスポークスマンは、今回のテストで400キロ以上の走行を敢行。満足行く結果だったとコメントを残したが、同時にロドリゲスが2日目の午前中に転倒。幸い、大きなケガはなかった。

今回のテストには、デルビのアルサモーラとロレンソも参加。次戦ポルトガルGPに向けてエンジン、シャシー、サスペンション、タイヤなどのテストに取り組み、2人合わせて100ラップ以上を走りこんだ。

ホルヘ・ロレンソ: 1分42秒9
アンヘル・ロドリゲス: 1分43秒9
フィリアン・シモン: 1分44秒4
エミリオ・アルサモーラ: 1分45秒0

Tags:
125cc, 2003, Julian Simon

Other updates you may be interested in ›