Tickets purchase
VideoPass purchase

ファウスト・グレシーニがシーズンを振り返る

ファウスト・グレシーニがシーズンを振り返る

ファウスト・グレシーニがシーズンを振り返る

テレフォニカ・モビスター・グレシーニは今シーズン、MotoGPコミニュティーに大衝撃を与えた加藤大治郎の悲劇の死去から、セテ・ジベルナウがチームメイトに捧げる感動的な勝利。そして、最高峰クラスでの4度の旋風など、チャンピオンシップの話題を独占してきた。チームマネージャーのファウスト・グレシーニは、これまでのシーズンを振り返った。

「シーズン開幕直後の悲劇から、セテがもたらした勝利まで、非常に強烈な感動を私たちは経験しました。とてもスペシャルなシーズンです。セテがこのペースを継続してくれることを期待します。」

「セテはこの1年間で大きく成長したと思います。彼は満足できるチームと勝てるバイクが必要でした。優勝できるライダーになるために、私たちはその環境を与えることが出来ました。そして、ダイジロウの悲劇が、彼に精神的な強さと責任感をもたらしました。彼もそれを受け入れました。彼がやっていることは同様にダイジロウへのメモリアルです。」

「私たちは小さなチームで、情熱を持って取り組んでいます。これが私たちの秘密であると言えるでしょう。私たちのライダーに対する全ての意志が、努力が彼らに伝わり、私たちにこのようなリザルトで報います。

「現在、私たちは一日一日を生きています。大切なのは好レースをすることです。現状、総合ランキングでトップからそう離れたところにいませんが、今はまだそのことを考える時ではありません。従いまして、良いレースを心掛け、可能な時に勝利を狙います。もし、もっとトップに近づくようであれば、その時にはタイトル獲得へのオプションを考えるでしょう。」

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›