初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カピロッシ&ドゥカティが3度目のポールポジション奪取

カピロッシ&ドゥカティが3度目のポールポジション奪取

カピロッシ&ドゥカティが3度目のポールポジション奪取

ロリス・カピロッシ&ドゥカティ・デスモセディチが、3度目のポールポジションを奪取した。

強風に悩まされた予選初日から理想的なコンディションに恵まれた予選2日目で、再び3人のイタリア人ライダーがセッションを支配した。終盤、ポールポジションとフロントロー争いが激しさを増す中、セテ・ジベルナウ、オリビエ・ジャック、中野真矢がカピロッシ、マックス・ビアッジ、そしてバレンティーノ・ロッシに挑んだが、最終的には3人のイタリア人とジベルナウが1分39秒台を突破。カピロッシが、昨年カルロス・チェカが樹立したサーキトベストラップを1.381秒更新する1分38秒412をマークした。

ビアッジ、ロッシに続きフロントローを確保したジベルナウ。セッション中盤のクラッシュにより、リザーブマシンの使用を余儀なくされたが、ラップタイム更新に成功した。

暫定2番だったジャックは最後のタイムアタックに他のライダーに引っ掛かり、最終的に5番グリッド。中野が初日のタイムを1.621秒更新し、カルロス・チェカ、トロイ・ベイリスが2列目に続いた。玉田誠、宇川徹、マルコ・メランドリ、そしてアレックス・バロスが3列目に並ぶ。

芳賀紀行と清成龍一がそれぞれ18番と19番グリッド。青木宣篤は23番グリッドから明日の決勝レースを迎える。

Tags:
MotoGP, 2003, Grande Premio Marlboro de Portugal

Other updates you may be interested in ›