初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

予選2日 MotoGPクラスフロントローライダーたちのインタビュー

予選2日 MotoGPクラスフロントローライダーたちのインタビュー

予選2日 MotoGPクラスフロントローライダーたちのインタビュー

PP ロリス・カピロッシ:
「とても嬉しい。この2日間、僕たちは偉大な仕事をやり遂げた。ポールはチーム1人1人へのプレゼントだ。午後バイクはパーフェクトだった。午前中にジベルナウと冗談で1分38秒5台で走ることができる言ったんだ。でも、それよりも速かったね。ファンタスティックだ。レースはとても難しいだろう。だけど、このポールの後だけに、優勝争いに加わる自信がある。」

2位 マックス・ビアッジ:
「僕たちの仕事に満足。バイクは昨日から今日へと目立って良くなって行った。セッティングを煮詰めて、良い方向性を見つけたけど、バイクはまだ少し不安定だ。強風の影響だと思う。可能性が見えるけど、明日まで待たないと。ある点で僕たちのバイクはドゥカティよりも優れているけど、ロングストレートで巻き返される。」

3位 バレンティーノ・ロッシ:
「今日はリズムが良くなかったし、最後に小さなミスを犯してしまった。終了5分前、僕は3位だった。不運にもピットインして、柔らかいタイヤを搭載する時間がなかった。ラップタイムは良くなったけど、十分ではなかった。でも、たいしたことではない。」

4位 セテ・ジベルナウ:
「セッションには満足している。最初からいいリズムだった。問題があり、セカンドマシンに乗ることにした。転倒で時間を失ってしまい、またマシンを乗り換えた。38秒台で走れたことに満足。悪くないラップタイムだ。今日、僕たちは目標をクリアーしたと思う。レース用のタイヤを見つけて、コンスタントなリズムで走れた。転倒は大丈夫。重要なのはフロントローからスタートすること。マシンの問題がどこから来るのか、エンジニアと話し合うけど、僕は落ち着いているし、レースが待ち切れないんだ。」

Tags:
MotoGP, 2003, Grande Premio Marlboro de Portugal

Other updates you may be interested in ›