初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝 250ccクラストップ3のインタビュー

決勝 250ccクラストップ3のインタビュー

決勝 250ccクラストップ3のインタビュー

優勝 トニ・エリアス:
「とても嬉しい勝利だ。今週末はワイルドカードに突っ込まれ、転倒するまでは順調だった。頭痛と吐き気で公式予選に参加できなかった。今日は体調がだいぶ回復し、好スタートが切れた。2度に渡って逃げようとして、ようやく逃げれた。5秒差を確保した時に勝利への確信を得た。週末をサポートしてくれた両親に、友人たちに、そしてドクターたちに感謝したい。」

2位 マヌエル・ポジャーリ:
「エリアスを追いかけるのが重要だと分かっていたけど、後ろのポルトをブロックしなければならなかった。彼がミスを犯した時に離すことができ、そこからは自分のレースができた。今日はチャンピオンシップを考えて、ロルフォとニエトの前でフィニッシュするのが重要だった。これから4戦が来る。」

3位 ランディ・ド・ピュニエ:
「3位はあまり悪くないけど、レースには満足していない。数ラップ後にフロントブレーキに問題が始まった。ライディングが難しくなった。ファイナルラップにポルトがミスするのが見え、ロルフォを抜く機会があった。」

Tags:
250cc, 2003, Grande Premio Marlboro de Portugal

Other updates you may be interested in ›