初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ジベルナウが再び数コンマのバトルを演じる

ジベルナウが再び数コンマのバトルを演じる

ジベルナウが再び数コンマのバトルを演じる

0.015秒差で、セテ・ジベルナウがロリス・カピロッシとの1対1のバトルに屈指し、6戦連続シーズン8度目の表彰台を逃した。

スパニッシュライダーは今シーズン、ル・マンとザクセンリンクでバレンティーノ・ロッシとの激戦をフィニッシュライン直前で制してきたが、前戦ブルノでは02年王者に敗れて2位に終わり、エストリルではデスモセディチのポテルシャルの前に僅少差で押さえ込まれた。

「残念だ。レースでは週末同様なレベルだったがだけに...」とジベルナウは振り返る。「レースでは成績を上げるコンディションであったが、解決できなかった技術的な小さな問題があった。エストリルには高い意志と良好なフィジカルコンディションで、過去の悪いリザルトを打ち払うために臨んだ。これからチームと話し合い、問題を分析しなければならない。
とにかく、気持ちは充実しているし、これからの1戦1戦に集中して臨んで行く。チームは素晴らしいシーズンを実現中で、僕たちはこの延長上で仕事を継続しなければならない。」

チーム監督のファウスト・グレシーニはポルトガルGPを次のように評価した。「このレースに勝つための最良なコンディションではなかったのは明白です。土曜の公式予選に転倒したことがワークプランに影響を与え、根本的なテストが残ってしまいました。表彰台を逃したのは残念ですが、これがレースです。グランプリ全体としては良かったです。」

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›