初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

19戦連続のリピーターなしとなるか?

19戦連続のリピーターなしとなるか?

19戦連続のリピーターなしとなるか?

前戦ポルトガルGPで男泣きの初優勝を飾ったパブロ・ニエトにより、18戦連続して連勝者なしと、まさに激戦のチャンピオンシップが展開されている。

開幕戦日本GPとドイツGPを制したステファーノ・ペルジーニは、今月10日に29歳の誕生日を迎えたばかり。ランキング首位のダニ・ペドロサとは38ポイント差。これ以上引き離されないためには、好リザルト奪取が必須である。

ポルトガルGPでは堅実な走りを披露したペドロサは、2年連続して転倒リタイヤとジャカレパグアで結果を残していない。前戦同様な走りで、"フライウェイ"の初戦を無難にクリアしたいところだ。

一方で02年王者アルノー・ヴァンサンは2年連続表彰台を獲得。さらに、前戦からアプリリアに乗り換えて、早速今シーズンベストの5位でフィニッシュするなど、今週末に向けての好材料がある。

昨年のリオGPで好アクションを披露した最年少デビュー記録保持者ホルヘ・ロレンソは、7位でチェッカーフラッグを受けた。前戦では今シーズンベストに並ぶ6位と苦しいシーズンのデルビに明るいリザルトをもたらした。

リオGPではベテラン日本人ライダーの走りに注目が集まる。東雅雄はハーフウエットの難しいレースの中、ライバルを寄せ付けない圧倒的な速さで通算10度目の優勝を飾った。宇井陽一は01年シーズンにタイトル獲得に向けて驚異的な追い上げを見せ、終盤4連勝を達成。今週末は、仕切り直しとなるジレラ・デビューに臨む。

Tags:
125cc, 2003

Other updates you may be interested in ›