初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

予選初日 MotoGPクラス暫定フロントローライダーのインタビュー

予選初日 MotoGPクラス暫定フロントローライダーのインタビュー

予選初日 MotoGPクラス暫定フロントローライダーのインタビュー

暫定PP マックス・ビアッジ:
「あのラストラップは全くパーフェクトだった。レース用のセットアップとタイヤ探しに時間を費やした。セットアップがいいと自信があったから、セッション終盤は速く走れた。明日はもう少しシャシーを煮詰める必要があるだけど、とにかく今はハッピーだ。明日は天候が崩れるかもしれないから、このポジション獲得はとても重要だった。」

2位 ロリス・カピロッシ:
「ハッピーだ。僕たちは午前中からセッティングが煮詰まってきた。多くの時間を費やして、サスペンションとギアボックのセットアップを行い、いいペースで走ることが出来た。このサーキットにおけるデスモセディチの初日だったけど、順調だったし、明日はもっと良くなる。正しい方向性で仕事を進めているからだ。」

3位 セテ・ジベルナウ:
「今日は僕たちがシーズンの仕事を始めた時からのベストセッションだったかもしれない。20ラップとレースのシュミレーションを実施し、コンスタントに1分51秒台を刻むことが出来た。それに、走っていて気分が良かった。チームはグレートな仕事をやり遂げた。満足感があるし、早くレースのスタートを切りたい。」

4位 バレンティーノ・ロッシ:
「僕の好きなコースで良い日だった。僕たちはいい仕事をしたし、土曜のレースに向けていい状態にある。バイクはバランスがいいけど、明日の仕事が残っている。スロットルを開けるとリアがスピンする。一部の高速コーナーでは注意しないと。だけど、僕たちはセッティングが決まるまで、それほど遠いところにいない。」

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›