初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

予選初日 250ccクラス暫定フロントローライダーのインタビュー

予選初日 250ccクラス暫定フロントローライダーのインタビュー

予選初日 250ccクラス暫定フロントローライダーのインタビュー

暫定PP トニ・エリアス:
「好ラップタイムをマークでき、今日の仕事にとても満足している。常にバイクの上ではとても気分良く乗れ、それがラップタイムに反映された。セッション中はずっとレース用タイヤを使用し、いいリズムで走れた。今のところ方向性は正しい。僕の目標はポジャーリとの14ポイント差を巻き返すこと。今日のような仕事を進めて行けば、目標は達成できると思う。」

2位 ロベルト・ロルフォ:
「路面はとてもバンピーで、シャシーの仕事に取り組んだ。どこをどのように改善して行くか解っているから、自信がある。もし、カルブレーションを改善できれば、もっとスロットル・レスポンスが良くなるだろうし、レースに向けて、良いコンディションで臨めるだろう。」

3位 フォンシ・ニエト:
「今日の予選は、ポルトガルの時よりも上手く行った。スタート時点からセッティングの方向性が正しかったからだ。エンジンは悪くないけど、もっとスピードを増さないと。シャシーを大きく変更し、バランスが良くなった。ラップタイムは簡単に出せるようになったし、いいリズムで走れた。このコースでは簡単にタイヤが消耗してしまうから、タイヤチョイスはレースの重要なポイントとなるだろう。」

4位 ランディ・ド・ピュニエ:
「僕たちは直ぐにシャシーの正確なセッティングを見つけることが出来た。僕のライディングスタイルに適した新しいブレーキングシステムの作業に懸命に取り組んだ。」

Tags:
250cc, 2003

Other updates you may be interested in ›