初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

松戸直樹、母国GP前に好結果

松戸直樹、母国GP前に好結果

松戸直樹、母国GP前に好結果

中量級唯一の日本人ライダー、松戸直樹がネルソン・ピケ・サーキットで今シーズン最高位タイの5位でフィニッシュ。10月5日に決勝を向かえるシリーズ第13戦パシフィックGPを前に弾みをつけるリザルトを残した。

ここ数年、松戸はアプリリア勢やホンダ勢と比べて戦闘力が劣るマシンを扱いながらも、上位に食い込む走りを見せるなど、特筆する成績を上げてきた。先週末のシリーズ第12戦リオGPでは、チームメイトのルカス・ペセクがシーズン初ポイントを獲得したのに対して、フランスGPとカタルーニャGPに続く、5位を獲得。ポイントランキングでは86ポイントをマークして、10位と健闘している。

「リオGPは、初日から車体のセットアップが時間が掛かり、金曜日はタイヤチョイスが上手く行き、サスペンションの問題が分って来たので、レース前には何とかまとめる事ができました。」とレースを振り返る。「明日24日に帰国します。茂木は今回のレースよりは厳しくなると思いますが、日本のレースなので今年で一番良い結果が残せるように頑張ります。」

Tags:
250cc, 2003

Other updates you may be interested in ›