初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

宇川と玉田が、『DE耐』に参戦

宇川と玉田が、『DE耐』に参戦

宇川と玉田が、『DE耐』に参戦

シリーズ第12戦リオGPから僅か3日後の23日、宇川徹と玉田誠が次戦パシフィックGPの開催地ツインリンクもてぎで初開催された"小さなバイクの大きなお祭り!『DE耐』"(誰でも、エンジョイできる耐久フェスティバル)に参戦した。

4ストロークで排気量100cc以下のマシンを駆けた宇川と玉田は、それぞれ6人のチームを組み、7時間の耐久レースに挑んだ。玉田組は11位でフィニッシュしたが、宇川組はマシントラブルが発生してピットストップ。約1時間ほど修復作業後に、追い上げて26位でチェッカーフラッグを受けた。両MotoGPライダーは、グランプリ前における開催サーキットでの事前走行が禁止されているが、FIM国際モーターサイクリズム連盟の特別許可により、参加が認められていた。

その他、パシフィックGPへのワイルドカード参戦が決定している全日本125cc王者の青山周平や250ccクラスランク5位の亀谷長純らも参戦。全日本選手権とは雰囲気が異なったレースを楽しんだ。

Tags:
MotoGP, 2003, Makoto Tamada

Other updates you may be interested in ›