初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

シリーズ第13戦パシフィックGP MotoGPクラス統計&データー

シリーズ第13戦パシフィックGP MotoGPクラス統計&データー

シリーズ第13戦パシフィックGP MotoGPクラス統計&データー

ホンダ: 98年フランスGP(ドゥーハン、チェカ、クリビーレ、ビアッジ、バロス)以来、ホンダ勢がトップ5グリッドを独占。

マックス・ビアッジ: 加藤大治郎が昨年樹立したサーキットベストラップを1.358秒更新するシーズン3度目のポールポジション奪取。01年はクラッシュ、02年はタイヤトラブルで連続リタイヤ。

トップ16: 昨年アレックス・バロスが樹立した最速ラップを上回るタイムをマーク。トップ11までが、昨年のポールポジションタイムを更新。

玉田誠: 初のフロントロー奪取。これまでのベストは開幕戦日本GPの5番グリッド。

バレンティーノ・ロッシ: シーズン12度目のフロントロー。もし、トップ3以内でフィニッシュすれば、19戦連続表彰台獲得。

セテ・ジベルナウ: シーズン7度目のフロントロー奪取。もてぎの最高位は99年の5位。

ニッキー・ヘイデン: 予選ベストの5番グリッド奪取。

アレックス・バロス: もてぎでは2年連続表彰台獲得。昨年は4ストロークマシン初戦でシーズン初優勝。

中野真矢: ロッシと並び、全戦でポイント連取。

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›