初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝 125ccクラストップ3のインタビュー

決勝 125ccクラストップ3のインタビュー

決勝 125ccクラストップ3のインタビュー

優勝 エクトル・バルベラ:
「初日はたくさんの問題があったけど、昨日はチームが僕にセッティングが整ったバイクを準備してくれた。たくさんのバトルがレースではあったけど、勝つことができると分かっていた。ラスト3ラップに、どこで僕を抜いてくるのか考えて、ファイナルラップでは全てのパッシングポイントを閉じることができた。また表彰台に上がれて、とても嬉しいよ。」

2位 ケーシー・ストーナー:
「問題があった週末で、最後は再び表彰台を獲得できたのは嬉しい。レースはすごくハードで、僕のバイクはコーナーの立ち上がりが少し遅かった。ペドロサが逃げてしまうと思ったけど、そうではなかったから、僕はグループと一緒に懸命に追いかけた。エンジンが良かったから、速く走れた。ペドロサが遅れてきたから、何か問題があると考えた。ファイナルラップは勝負を仕掛けたけど、結果が出ず、2位で終わった。グレートな仕事をしてくれたチームに感謝したい。マレーシアともちろんフィリップアイランドではチャンスがあるだろう。」

3位 アンドレア・ドビツィオーゾ:
「今日は再び挑戦したけど、また優勝ができなかった...だから少しがっかりしている。バイクはパーフェクトだったから、チームに申し訳ないと思っている。だけど、腕に問題があり、100%で走ることができなかった。」

Tags:
125cc, 2003

Other updates you may be interested in ›