初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝 MotoGPクラストップ3のインタビュー

決勝 MotoGPクラストップ3のインタビュー

決勝 MotoGPクラストップ3のインタビュー

優勝 マックシ・ビアッジ:
「難しく、ハードなレースだった。スタートは上手く切れ、ジベルナウを抜くまで彼の後方にポジションを取れた。トップに立ってからは、ハイペースで走った。ラスト2ラップに転倒しそうになって驚いたけど、バイクに乗っていられたのはラッキーだった。このリザルトには喜んでいるし、偉大な仕事をやったチームに感謝したい。そして、この勝利をダイジロウ・カトウに捧げる。」

2位 バレンティーノ・ロッシ:
「レースが始まったばかりでブレーキミスをしてしまった。マシンのコントロールを失い、コースアウト。困難な状態に至ってしまった。ジベルナウがポイント差を詰めることができただろうから。だけど、1分48秒台の早いリズムでポジションを巻き返し、トップグループに追いつくことができた。最終的には2位になれた。チャンピオンシップの好アドバンテェージを持って、マレーシアに行く。」

3位 ニッキー・ヘイデン:
「タマダが失格となり。僕が3位になったけど、僕にとってはレースの順位を上げるベストな手段ではない。次戦には表彰台を獲得したいし、そのために集中する。本当にハードなレースだった。もしかしたら優勝争いができたかもしれなかったけど、全力を尽くしたから悪くないね。いいリズムで走れた。細かいところを改善する必要がある。終盤には小さなミスを犯し、そのことでジベルナウとタマダの小さな接触から逃れた。もう少し近づいて、ラストに勝負したかったけど、今シーズンは僕の初シーズンであることを忘れてはいけない。僕は経験を積んでいるんだ。」

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›