Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ、初タイトル奪取目前

ペドロサ、初タイトル奪取目前

ペドロサ、初タイトル奪取目前

ダニ・ペドロサが今週末のシリーズ第14戦マレーシアGPで、ポイントランキング2位のステファーノ・ペルジーニよりも12ポイント以上のポイント数を獲得すれば、初タイトル奪取となる。

前戦パシフィックGPでは失望に終わってしまったスパニッシュライダー。ポールポジションからレースをリードし、一時は後続に3秒以上のアドバンテェージを得たが、ショックアブソーバー(緩衝器)が破損。最後はペルジーニにも抜かれ、6位でフィニッシュした。

レースを制したのは16歳のエクトル・バルベラ。シーズン2勝目は、同時に20戦連続連勝者なしの記録をもたらした。今シーズン、著しい成長を見せるヤングライダーたち。幾度となく表彰台を獲得しているケーシー・ストーナーを始め、アンドレア・ドビツィオーゾやアレックス・デ・アンジェリスは いつ初優勝を飾っても不思議ではないポテンシャルを既に示しており、更なる記録を樹立する可能性が高い。

もし、ペドロサが優勝し、ペルジーニが4位以下ならば、その時点で合計51ポイント差となり、2戦を残してタイトルが決定。その場合は、ロリス・カピロッシに続き史上2番目の最年少王者となる。

さらに、もしアプリリア勢のライダーがトップ4に1人でもゴールすれば、2年連続のコンストラクター部門制覇となる。

Tags:
125cc, 2003, Marlboro Malaysian Motorcycle Grand Prix, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›