初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

シリーズ第14戦マレーシアGP MotoGPクラス統計&データー

シリーズ第14戦マレーシアGP MotoGPクラス統計&データー

シリーズ第14戦マレーシアGP MotoGPクラス統計&データー

バレンティーノ・ロッシ: シーズン7度目のポールポジション奪取。最高峰クラスでは過去17度のポールポジションから13勝をマーク。
昨年バロスが樹立したポールポジションタイムを2.007秒更新。
1位または2位でフィニッシュするか、セテ・ジベルナウが7ポイント以上を獲得しなければ、3年連続のタイトル獲得。
もし、トップ3以内でフィニッシュすれば、20戦連続表彰台獲得となる。歴代トップはアゴスティーニの22戦連続表彰台。

トップ14: 予選トップ14位までが昨年バロスが樹立したポールポジションタイムを更新。

カルロス・チェカ: 第7戦オランダGP以来シーズン3度目のフロントロー奪取。昨年のポルトガルGPでポールポジションを獲得して以来のベストグリッド。ヤマハ勢としても、第5戦フランスGPでアレックス・バロスが2番グリッドを獲得して以来のシーズンベストグリッド。

玉田誠: 2戦連続フロントロー奪取。

マックス・ビアッジ: 昨年の覇者。シーズン12度目のフロントロー。

中野真矢: 第5戦イタリアGP3番グリッド以来のベストグリッド。ロッシ並び全戦でポイント連取。

ロリス・カピロッシ: 1999年に250ccクラスで優勝。

セテ・ジベルナウ: セパンでのベストリザルトは2000年の7位。

ケニー・ロバーツ: 1999年にセパン初開催で優勝を飾り、翌年に2連覇を達成。

ジェリミー・マクウィリアムス: 最高峰クラスで100戦目。

Tags:
MotoGP, 2003, Marlboro Malaysian Motorcycle Grand Prix

Other updates you may be interested in ›