初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

王者ロッシが10秒のペナルティーを克服し、フィリップアイランド完全制覇

王者ロッシが10秒のペナルティーを克服し、フィリップアイランド完全制覇

王者ロッシが10秒のペナルティーを克服し、フィリップアイランド完全制覇

シリーズ第15戦オーストラリアGPの決勝が19日、メルボルン郊外のフィリップアイランド・サーキットで行われ、2003年王者バレンティーノ・ロッシがサーキットベストラップを樹立してシーズン8度目のポールポジションを奪っただけでなく、予選全セッション、ウォーミングアップ、そして決勝と完全制覇を果たし、シーズン8勝目を故バリー・シーンに捧げた。

ドライコンディションの下、スタート直後から熾烈な展開となった最高峰クラス。3番グリッドのセテ・ジベルナウがオープニングラップを決めると、ルーキーのマルコ・メランドリとニッキー・ヘイデンが初めてレースをリード。4ラップ目にトロイ・ベイリスが転倒リタイヤ。マックス・ビアッジがコースアウトで最後尾までポジションを後退し、戦列から離れると、5ラップ目にロッシがチームメイトを交わし、一気に後続を引き離した。

しかし、11ラップ目、トップを快走していたロッシに対して、黄旗無視により10秒のペナルティーが科せられ、2位を走行していたロリス・カピロシがトップに立った。しかし、王者は最速ラップを連発。ラスト5ラップにはペナルティーを奪回。最後は5秒以上の差をつけて、フィリップアイランド3年連続優勝を果たした。

メランドリ、ジベルナウ、宇川徹、ヘイデン、カルロス・チェカの5人が3位争いを展開。15ラップ目にメランドリが転倒し、23ラップ目にチェカがコースアウトで後退。最後はヘイデンが0.031秒差でジベルナウを抑え、もてぎ以来2度目の表彰台を獲得した。宇川が5位に入り、オリビエ・ジャック、中野真矢、チェカが続いた。

ケニー・ロバーツがシーズン最高位の9位でフィニッシュ。ジェレミー・マクウィリアムスがプロトン4ストロークマシンのベストリザルトとなる11位に入り、カワサキのレギュラーライダー、ギャリー・マッコイとアンドリュー・ピットの2人がシーズン初めて揃ってポイントを獲得した。玉田誠と芳賀紀行は10位と14位だったが、青木宣篤と清成龍一は、1周遅れの18位と19位だった。

チャンピオンシップは、ビアッジが17位0ポイントだったため、ジベルナウのランキング2位が確定。3位ビアッジと4位カピロッシの順位も決定し、ランキング5位をヘイデン、宇川、ベイリス、そしてチェカが最終戦バレンシアGPで争う。

Tags:
MotoGP, 2003, SKYY VODKA Australian Grand Prix

Other updates you may be interested in ›