初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アルサモーラが現役引退を発表

アルサモーラが現役引退を発表

アルサモーラが現役引退を発表

1999年の125ccクラス王者エミリオ・アルサモーラが、今週末のシリーズ最終戦バレンシアGPを最後に現役から引退することを発表した。

30歳のベテランライダーは、4年前に軽量級を制覇。2年間の250ccクラス挑戦から125ccクラスに戻ってきたが、困難なシーズンを過ごし、最高峰レベルで戦っていく力が不足していることを痛感。32歳の東雅雄と34歳のルーチョ・チェッキネロに続き、3人目のベテランライダーが引退を決意した。

シーズン3度目のホームグランプリを最後の現役の舞台と決めたが、今後もレースに関わっていくことを語った。「率直に、おそらく、今年はライバルたちを上回るには十分な力がなかった。世界選手権に10年間戦って来た後、常に全力を尽くしてきたが、タイトルを戦った当時の力が失ったことに気付いた。」

「僕のキャリアをサポートしてくれた全ての人々に感謝したい。14歳からすごく情熱的なこの世界にいられたことは幸運だった。そして、多くのことを僕に与えてくれた。今後は、僕に与えてくれた経験と知識を活かして、恩返しすることが新しい希望だ。もう少ししたら、君たちに報告できるだろう。」

Tags:
125cc, 2003, Gran Premio Marlboro de la Comunitat Valenciana

Other updates you may be interested in ›