初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

松戸直樹:「来年もヤマハ・クルツから参戦します」

松戸直樹:「来年もヤマハ・クルツから参戦します」

松戸直樹:「来年もヤマハ・クルツから参戦します」

チャンピオンシップで最も安定した走行を見せる松戸直樹は、アプリリア勢やホンダ勢よりも性能が劣るバイクを駆けながらも、度々互角のバトルを展開。フル参戦4年目のシーズンは、最終的にランク9位で終えた。

シーズンを終えたばかりの松戸は、総合的な成績、そして来シーズンも引き続きヤマハ・クルツから参戦することが決まり、ダブルの満足感を示した。

「8月中旬から、所属しているヤマハ・クルツを含めて、複数のチームと来シーズンに向けて交渉を始めました。」と明かす松戸。「マレーシアGP開催期間中に、ヤマハ関係者から支援が受けられる話しをいただきました。そして、バレンシアGP期間中にクルツと大筋に合意に達し、今週、契約書にサインしました。ヤマハの支援が受けられることが一番の決め手でした。」

ここ2年間は契約問題が最後の最後まで長引いたが、今回は11月初旬に来シーズンの行方が決まり、喜んでいる。「昨年と今年は、開幕戦ギリギリまで契約がまとまらなかったのですが、今回はシーズン終了と同時に来年のことがスッキリと決まって嬉しいです。それに、これまではシーズン前にテストできずに開幕戦を迎えていましたが、来年はIRTAテストに参加するほか、プライベートテストも実施する予定です。これから日本に帰国しますが、フィジカルトレーニングに専念できます。」

松戸は来シーズンの武器となるヤマハの2004年プランについて説明した。「今年はヤマハからの具体的な支援はなかったのですが、来年はエンジンを日本とドイツで共同開発します。外装に関しても現在開発中で、これまでのTZとは思えないほど、大きくモデルチェンジします。冬期のテストが楽しみです。」

Tags:
250cc, 2003

Other updates you may be interested in ›