初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサが苦い経験を振り返る

ペドロサが苦い経験を振り返る

ペドロサが苦い経験を振り返る

歴代2番目となる史上最年少王者に輝いてから僅か5日後、ダニ・ペドロサはオーストラリアGP予選初日のフリー走行中の大クラッシュを起こし、両足首を骨折する重症を負った。天国から一気に突き落とされてしまった18歳のヤングライダーは困難な状況を克服しようと、現状に立ち向かっている。

「入院先の病院からバルセロナまでの移動はスムーズだった。機内では血液の循環を良くするために、足を高く上げた姿勢を保った。」と説明するペドロサ。「手術は成功して、順調に回復に向っていると医師が説明してくれた。これで1つの問題は解消。もしそうでなかったら、復帰が難しくなってしまうから。」

「僕は常に前を見るようにしている。この小さなアクシデントに見舞われ、復帰するまでにどのくらいの時間が必要か正確には分からないけど、以前のレベルにまで回復できるようにリハビリとフィジカルトレーニングを計画している。」

「困難だった。始めは身体中に鎮痛剤が効いていたために、何も理解できなかった。そして身体を起こせるようになると、少し怒りを覚えた。夢だと思っていたし、頭が働くのに時間が必要だったから。でも、これからはできることに取り組み、今回のことは将来に役立つと考えている。」

「重要なのは、今年タイトルを獲得したこと。ほんの少しの人しか成し遂げられないことだ。それに僕の年齢にも関わらず、成長がとても早く、コンスタントで、とてもオーガナイズできた。それに、多くの人が僕をパーフェクトに導いてくれた。将来もこの線上のまま進んでいきたい。今の問題は大きく影響を及ぼさないと思う。(精神的に)もっと強くなるはずさ。」

クラッシュについて、「あまり良く覚えていない。あっという間の出来事だった。コーナーへの進入を考え、ブレーキレバーに触れ、コースの左側にバイクを寄せた。タイヤがコースの左脇に逸れ、バランスを崩し、タイヤが地面に触れたときにはバイクが先行してしまい、叩きつけられた。目は開いていて、タイヤが間近に来たのを確認した。ぶつかると思ったから、インパクトを受ける前に目を閉じた。その後は全身に激痛が走り、何かが起こってしまったと思った。」と振り返る。

もし全てが正常に回復すれば、年明けにはアルベルト・プーチの指導に下に、アクションが開始できる。「率直に今回のアクシデントは運が悪かった。幸いアルベルトが近くに居てくれたのは幸いだった。彼も足の負傷に苦しんだ経験があり、多くの医師を知っている。それにリハビリ法も把握している。」とペドロサは、1995年にル・マンで大クラッシュに見舞われたプーチに関して言及する。「その経験を活かして、僕がミスを犯さないようにサポートしてくれる。全てはパーフェクトで何も問題がない。この問題をコントロールしてくれる。オーストラリアでは延滞してくれ、ここでも常に僕をサポートしてくれる。心から彼に感謝している。」

Tags:
125cc, 2003, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›