初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レギュラーライダーたちがスペイン選手権にスポット参戦

レギュラーライダーたちがスペイン選手権にスポット参戦

レギュラーライダーたちがスペイン選手権にスポット参戦

2003年シリーズ最終戦バレンシアGPが11月2日に終了してから2週間後の16日、同サーキットでCEVスペイン選手権の第6ラウンドが開催される。

今回は今シーズン最高の75人がエントリー。約半数が外国人ライダーが占めるほか、数人のMotoGPライダーたちが来シーズンに向けてスポット参戦する。

今シーズンはイモラ・サーキット・エグザルト・サイクルレースからアプリリアを駆けて参戦していたハンガリー人のガボール・タルマクシが、マラグーティで参戦。今回のスポット参戦を含め、来シーズンからのフル参戦の可能性が高い。松戸直樹のチームメイトとして250ccクラスに参戦していたチェコ人ライダーのヤロスラブ・ヒューレスが、エリット・グランプリから125ccクラスに復帰。チーム・ハンガリーからホンダを駆けていたハンガリー人のイムレ・トースがアプリリアでデビューする。

今シーズン、ドイツで開催された『レッドブルー・ルーキー・トゥ・MotoGP』で1・2位を獲得した若干13歳のトニ・ヴィリジングとミーク・メネロップの2人は初めての国外レースに挑めば、同じく将来のMotoGP参戦を目指し、ブリティッシュ選手権に参戦している英国のレッドブルーチームに所属するミッジ・スマートとジョナサン・レア、ユージン・ラヴァティが参加。そして、来シーズンにドイツ・インターナショナル選手権に参戦するために結成されたKTMレッドブルー・ジュニアチームのオーストリア人マイケル・ランセダーも挑戦する。

また、過去に世界選手権に参戦経験があり、今シーズンのドイツ選手権覇者のダリオ・ギウセペッティもスポット参戦する。

前ラウンドで既にタイトルを獲得したシードルフ・レーシングのアルバロ・バウティスタは、最終戦バレンシアGPでは6位フィニッシュと将来性の高い走りを見せていた。今週末は4連勝を狙う。注目のランク2位争いは、スペインで開催されたMotoGPにスポット参戦していたセルジオ・ガデア、マヌエル・エルナンデス、ダビッド・ボナチェ、イスマエル・オルテガらが争う。

Tags:
125cc, 2003

Other updates you may be interested in ›