初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

シェーン・バインがアプリリアと正式契約

シェーン・バインがアプリリアと正式契約

シェーン・バインがアプリリアと正式契約

シェーン・バインとアプリリアが12日、正式に契約を締結した。

イギリススーパーバイク選手権で圧倒的な強さを見せたブリティッシュライダーは、イタリア・ノアレにあるファクトリーを訪問。会長イバノ・ベッシオと交渉を行い、2004年MotoGP世界選手権にアプリリア・キューブを駆けて参戦することが決まった。

「初めてアプリリアから連絡を受けた時、想像することができなかった。」と26歳のバインは喜色満面で説明する。「テクニカルディレクターのジャン・ヴィットベーンと会談するためにバレンシアに行った時に、ようやく本当のことだと気付いたぐらいだ。MotoGPサーキットを訪問して、RSキューブのスタートを初めて見たときには、素晴らしい感動を得たよ。」

バインはいくつかのオファーを受けていたことを認めたが、迷うことなく、イタリアのコンストラクターを選択した。「スーパーバイク世界選手権に参戦できる2つのオファーをもらったけど、アプリリアからのオファーと比較することができなかった。全てのライダー同様にMotoGPで走ることは、僕の夢なんだ。プロジェクト以外にも、僕の決断に影響を与えたのは、アプリリアからマックス・ビアッジとバレンティーノ・ロッシが世界に飛び出したからだ。彼らは僕のアイドルであり、彼らのそばで走ることが出来ると考えると、モチベーションが高まるよ。」

イギリスから世界最高峰へと一気にステップアップしたバインは、この先に前途多難な挑戦が控えていることを示した。「初シーズンは困難だと承知している。MotoGPの雰囲気とサーキットを把握して順応しなければいけない。同時にマシンの開発に取り組む。簡単なことではないけど、全身全霊を捧げたい。近日中にイギリスに残るか、それとファクトリーの近郊に引っ越すか決める。とにかく、全てが急展開だったので、まだ細かいことを解決する時間がないんだ。」

バインは、ランク13位だった元スーパーバイク世界選手権王者のコーリン・エドワーズの後任に指名されたが、チームメイトはまだ発表されていない。

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›