Tickets purchase
VideoPass purchase

アルベルト・プーチがペドロサの夢の実現を語る

アルベルト・プーチがペドロサの夢の実現を語る

アルベルト・プーチがペドロサの夢の実現を語る

テレフォニカ・モビスター・ジュニアチームのマネージングディレクターであるアルベルト・プーチは5年前、ダニ・ペドロサを1999年コパ・モビスター・アクティバ(モビスター・カップ)への参戦に抜擢。ペドロサは期待に応え、特筆する活躍を示すと、以降2人は監督とライダーと言う立場で世界舞台に挑んだ。そして、2003年10月12日のセパン・サーキットで、二人三脚の集大成と言うべき、125ccクラスの世界タイトルを獲得した。

新王者の後見人プーチは、motogranprix.comの独占インタビューにおいて、テレフォニカ・モビスター・ジュニアチームのプロジェクトとバレンティーノ・ロッシを筆頭に世界中から賞賛される小さなチャンピオンのパーソナリティーについて語った。

motogp:ここ数年の振り返ってみて、ついに頂点に立ちましたが、今の気分は?

プーチ:ハードワークの数年間でした。プロジェクトは数年前から始まりましたが、ダニは幼く、未経験からのスタートでしたから困難でした。しかし、目標はここに達成することでした。

motogp:ダニのパーソナリティーについて

プーチ:まず第一に負けず嫌いな性格の持ち主です。全てに負けることを嫌い、おどけることを望まない性格です。ライダーとしては明らかに速く、仕事に取り組む姿勢はまじめです。常に現状の中で闘い、勝利への強い拘りと、並外れた集中力を持っています。それ以外では、強い精神力に高いランディング技術を兼ね備えているライダーです。

プーチの完全インタビュー閲覧を希望される方は、写真下のビデオリンクをクイックしてください。

Tags:
125cc, 2003, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›