初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

グレシーニが加藤大治郎事故調査委員会の報告についてコメント

グレシーニが加藤大治郎事故調査委員会の報告についてコメント

グレシーニが加藤大治郎事故調査委員会の報告についてコメント

テレフォニカ・モビスター・ホンダのチームマネージャーであるファウスト・グレシーニが、加藤大治郎事故調査委員会が6ヶ月に渡って事故の原因究明のために調査した結果の報告会を受け、次のように感想を述べた。

「常に私たちが強調していたように、データーの分析後、バイクにはテクニカル的にもメカニカル的にも問題はありませんでした。」

「根本的に事故調査委員会が発表したことを常に信じます。不運にも、この結果はダイジロウ・カトウのファミリーと私たちのチームの悲劇を楽にすることはないです。」

「あの悲劇と苦しい日々を思い出し、何もコメントする力がありません。この報告書を確認したと言うことしかできません。調査委員会は高い水準でした。個人的な意見として、原因を解明するために、そしてこの悲劇の疑問を削除するためにやらなければいけない仕事でした。」

「レーストラックを除いて、暗い部分はありません。来年、当時を分析する方法である鈴鹿でのグランプリは実施しません。今、調査は最終的に終了しました。もう推定するスペーツもありません。ただ、私の気持ちには、友人・ダイジロウを失った大きな悲しみがいつまでも残ります。」

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›

motogp.com

14 years ago