初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

チェッキネロが新人マッティア・パシーニを起用

チェッキネロが新人マッティア・パシーニを起用

チェッキネロが新人マッティア・パシーニを起用

LCRチームのオーナー、ルーチョ・チェッキネロが来シーズンの125ccクラスに18歳のイタリア人ライダー、マッティア・パシーニを起用することを発表した。チームは既に元王者ロベルト・ロカテリと契約を結んでおり、来シーズンへのチーム体制が整った。

元ヨーロッパ選手権スーパースポーツライダー、ルカ・パシーニの息子マッティアは今シーズン、ヨーロッパ選手権にフル参戦。ランク3位に入った。またスペイン選手権のラスト2戦にスポット参戦して、それぞれ5位と6位でフィニッシュしていた。マッティアは、1996年にイタリア・ミニモト選手権に初参戦。ドビツィオーゾ、デ・アンジェリス、ポジャーリを抑えて、タイトルを獲得。翌年にはヨーロッパ選手権ランク2位を獲得。しかし、1998年にモトクロスを走行中にアクシデントを起こし、約2年間の空白期間があった。

「マッティアはヤングライダーの中で大きなポテンシャルがあり、速いライダーです。ベストな選択でした。」とチェッキネロは将来性を買っての起用であることを示した。「国籍ではライダーを選びませんでした。GPマシンの経験には限界がありますが、マッティアには成長する余白がまだまだ残っています。バレンシアとヘレスで開催されたスペイン選手権のデーターを確認し、マッティアはケーシー(・ストーナー)や私とイコールなポイントがありました。」

「マッティアは、アレックス(デ・アンジェリス)やケーシーの時と同じように、トップに到達するには経験を積む必要がありますが、結果を上げるには、そう時間は掛からないと確信しています。」

初のフル参戦が決定し、大喜びするヤングライダーは、「チャンピオンシップに参加することが決まり、とても嬉しい。特に評価の高いチームからの参加だ。ルーチョは僕にビックチャンスを与えてくれた。最速ライダーたちに追いつくために、ハードワークしないと。だけど、一生懸命にプッシュしるよ。」と抱負を語った。

Tags:
125cc, 2003, Mattia Pasini, Roberto Locatelli

Other updates you may be interested in ›

motogp.com

14 years ago