初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

関口太郎、MotoGP復帰へ

関口太郎、MotoGP復帰へ

関口太郎、MotoGP復帰へ

2003年ヨーロッパ選手権250ccクラス王者の関口太郎が、現在イタリアのチームと来シーズンへのチャンピオンシップ参戦に向けて、交渉を進めている。

「まだ、ハッキリと決まっていません。現在、僕に関心を示してくれたイタリアのチームと話しを進めています。正式には、まだ決定していませんが、開幕戦までには参戦できるか決めたいです。もし、(参戦が)だめになる場合でも、そのままヨーロッパに残るつもりです。ここの方がいろいろと将来に向けての可能性があります。新しい情報も早く入手でき、交渉に直ぐに行けますから。」

元MotoGPライダーは今シーズン、活躍の場をヨーロッパ選手権に求め、全8戦全勝の快挙を達成。この経験が将来のMotoGP復帰に役立つことを肯定した。「勝って当たり前という雰囲気がありましたが、それを克服して、タイトルを獲得できて良かったです。アッセンを除いて、全てが初めてのコースでしたが、走りに関しても、いい勉強になりました。」

関口は2000年日本GPにルカス・オリベーの代役としてアンテナ3・ヤマハ・ダンティーンからデビュー。2001年にはエド・レーシングから6戦に参戦する一方で、全日本選手権のタイトルを獲得。2002年にはヤマハ・クルツからフル参戦を果たしたが、前半戦最後のドイツGPを最後に解雇。今シーズンはヨーロッパ選手権にフル参戦していた。

Tags:
250cc, 2003

Other updates you may be interested in ›